備忘録

【FEM解析】

    20.Auto-SPC機能

    【AUTO-SPC(特異自由度自動拘束機能)】
     プレート要素の面内回転自由度は特異自由度となる.←面内回転に相当する剛性を持たないような場合, LISA内部で各節点での剛性のない特異方向を検出し,その方向に相当する自由度を落とす Auto-SPC機能が働く.

    問題! 以下のモデル化で回転しないモデルはどれらでしょうか?


    バネ

    【正解は (b)と(c)】

    (b)はもちろん回転しない.(c)はビーム要素を沿わせても全て従属節点とすると 回転しない.(d)のようにビーム要素のi,j端の片側のみなら回転する.

事業内容

FEM解析

調査診断

補修・補強設計

備忘録

  • 備忘録