備忘録

【補修・補強関連】

    13.無収縮モルタルに注意!

    【無収縮モルタルは収縮する】

    ◆名前場無収縮でも乾燥収縮に対しては考えられていないため乾燥する箇所では収縮する!
    断面修復に無収縮モルタルを使用する書籍は多いが、実際使用するとひび割れが生じる.
    ⇒使用するなら無収縮モルタル『低収縮タイプ』または『NEXCO型枠充填工法』適合品の材料を選ぶ
    断面修復工法







    【乾燥収縮の試験方法】##################

    NEXCO JHS312 無収縮モルタルの膨張収縮
    ⇒7日間容器に入れたままの状態で収縮しなければOK!=乾燥しない状態


    膨張収縮試験

    【そもそもの開発目的】##################

    ①流動性が良い
    ②ブリージングが出ない
    ③間隙に充填した場合に隙間が空かない。⇒乾燥収縮は考えていない。

    【単位水量と収縮量の規格】##################

    規格 単位水量上限値 収縮量
    土木学会規格 175kg/m3以下 材齢90日:1000μ以下 
    自己収縮を含む場合:1200μ以下
    日本建築学会基準 185kg/m3以下 材齢90日: 標準⇒800μ以下
          高級⇒650μ以下
          特別⇒500μ以下
         (膨張材の使用によって)
    一般的な無収縮モルタル
    (S/C=1モルタル)
    規格無し 規格無し 
    材齢90日の目安2000~3000μ程度
    (1mで2~3㎜程度)
    ◆日本道路公団JHS312 (昭和30年代に規格化)
     ↓↓↓
    ・日本道路協会 道路橋支承便覧 ・JR各社の仕様書
    ・国土交通省 特記仕様書    ・建築共通仕様書
    ほぼ同じ試験方法で各機関が規格化

    検査項目 品質規格値
    ①外観    異物の混入がない事
    ②コンシステンシー J14ロート 8±2秒
    ③ブリーディング率 2時間後 2%以下
    ④凝結時間 始発 1時間以上
    終結 10時間以内
    ⑤膨張収縮率 材齢7日 収縮を示してはならない
    ⑥圧縮強度 材齢3日 25N/mm2以上
    材齢28日 45N/mm2以上
    ⑦鉄筋との付着 材齢28日 3N/mm2以上
    Jロート   













     写真 無収縮モルタル Jロート試験状況

    【配合条件】##################

    ◆汎用品タイプ 建材店に普通においてあるタイプ
     セメント:砂=1:1  S/C=1 
    W/C=34%程度 W=323kg/m3,C=950kg/m3程度
     ↓↓↓
    ◆水和熱抑制タイプ
     セメント:砂=1:2  S/C=2 
    W/C=48%程度 W=304kg/m3,C=630kg/m3程度

    ※セメント量が落ちるので、水和熱による温度ひび割れも生じにくい。

    【その他】##################

    ◆「乾燥収縮率」=「硬化収縮率」=「寸法安定性」=「長さ変化率」

    ◆1mで1㎜変化する場合、「1000μ」=「1×10^-3」=「0.10%」


事業内容

FEM解析

調査診断

補修・補強設計

備忘録

  • 備忘録