備忘録

【調査診断】

    9.竣工年代の推定

    ◆鉄筋・・・1964年JIS制定により丸鋼から異形棒鋼へ
    1967年建設省道路局長通達により、RC床板では配力鉄筋量を「主鉄筋量の70%以上」と改められた。

    ◆鋼材の接合方法・・・リベット、高力ボルト、トルシア形高力ボルト

    接合方法年代備考
    リベット 1970年代までリベットをうつ「かしめ職人」の減少、騒音の問題により70年代に急速に廃れていった。
    高力ボルト 1967年頃まで F13T
    1980年頃まで F11T
    遅れ破壊が確認されるようになり、採用されなくなった。
    トルシア形高力ボルト 1990年以降

    1990年に道路橋示方書に記載

    ◆地覆の幅・・・車道端の地覆幅が600㎜より小さいなら1986年より前
           日本道路協会の「防護柵設置要綱・資料集」で標準を600㎜と定めた。

    ◆高欄の形状・・・コンクリートの束柱と鋼管を組み合わせた高欄
             RCT桁橋とセットになっていることが多い。
           長野県では昭和30年代(1955年)から40年代前半(1960年代)に多い。

    竣工年代の推定

事業内容

FEM解析

調査診断

補修・補強設計

備忘録

  • 備忘録